トップ / 相続した不動産とその登記

不動産を相続したら

相続した不動産とその登記

優雅な窓

不動産の相続登記の方法 

不動産の相続登記をおこなう為に必要な手続きは多種多様なものがありますが、主に「遺言書によるもの」「遺産分割によるもの」「法定相続によるもの」の3種類に大別されることが最も多く、その中でも遺産分割による方法が一般的ですが、遺言書がある場合に関しては原則として、遺産分割協議よりも遺言書を最優先し、遺言書の記入してある内容に基づいて不動産の登記をおこないます。ですが、遺言書がある場合であっても遺産分割協議をおこない、その結果内容によっては遺言書に記入してある内容と異なる形式で登記することも可能な場合があります。

不動産相続に必要な書類など 

土地や建物などの不動産の名義変更をするためには相続登記をする必要があり、その流れをしてはまず、相続人の対象となる人達で話し合い、いわゆる「遺産分割協議」をおこない誰の名義にするかを決めます。遺産分割協議によって誰の名義にするかが決定した後に「遺産分割協議書」を作成します。その他にも必要となる書類がいくつかあり、亡くなった方の戸籍謄本(出生から死亡までの全て)、亡くなった方の住民票の除票、不動産の固定資産評価証明書、遺産分割協議書などが挙げられます。その後、登記申請書と必要書類を法務局へ提出して完了します。