トップ

不動産を使った経営

不動産経営の収入について

優雅な窓

不動産の経営と収入予測について 

不動産を賃貸するなどして経営する場合には、賃料などの定期的な収入が期待できます。そこで、副業として、あるいは定年後の収入源として注目されているのです。個々の物件は、生活の時間に対して耐久年数が長いので、新築などの初期投資が可能であれば、その後は安定した収入を得ることができます。しかし、不動産の耐久年数は有限であり、想定外の損壊の可能性もあります。そこで、賃料などの短期的な収入予測をシミュレートする上では、保守や建て替えなどの、長期的な必要経費についても、あわせて検討しておくことが需要となるのです。

将来を考えて不動産経営 

不動産経営は老後や将来のことを考えると安定した収入を得る事ができます。普段はサラリマンとして働きながら副収入としての不動産経営も可能です。将来を年金暮らしで生活すると言っても、それだけで十分な老後をおくれるわけではありません。アパートや賃貸マンションを所有することにより生活費を補ったり、さらに生活を豊かにすることだって可能です。近年ではマンションの一室だけを所有して賃貸として活用する方も増えています。有効的に活用する方法としても注目されていますし、管理等はすべて管理会社が引き受けているのでわずらわしさがないのがメリットです。